Concept

人は誰もが豊かに生きることを望んでいると思いますが、あなたの考える「豊かさ」とはどのようなものでしょうか。

経済活動に重点が置かれることの多い現代社会の中では、たくさんのお金があることや、高価なものをいくつも持っていることが豊かだと思う方が多いかもしれません。

家族がみな健康で、楽しく暮らせることを「豊かだな」と考えている方もいるかもしれません。

私は、自然の四季折々の美しさを感じながら、自然と一体となっている感覚を味わうとき、いつもこの上ない「豊かさ」を感じます。

かつて万葉集が書かれた時から日本人が自然の姿を歌に詠んでいたことや、毎年お花見や紅葉狩りを行なう習慣が現在でも人々の間に根付いていることを考えると、私たちはみな自然との関係性に「豊かさ」を感じる心を持っているのだと思います。

 

人は自然とともに、そして建築とともに生きています。

例えば、朝目覚め、活動をはじめ、食事をし、夜眠りにつき、明くる朝目覚め...

多くの人々が日々繰り返すこのサイクルには、いつも太陽と建築が関係しています。

太陽から降り注ぐエネルギーを利用しながら、ほとんどの時間を建築に身を寄せて生活しています。

 

私たちの生活をより「豊か」にするための大切なこととは、

「建築が人と自然を結びつけてくれているか」

「建築を通して自然の移り変わる姿がより美しく、より多彩に人々に届いているか」

という視点なのではないでしょうか。

 

髙橋佑介建築デザインは、ひとりでも多くの方に毎日をより「豊か」に暮らしてほしい、自然の美しい姿を感じながら暮らしてほしいという思いから、建築を創作しています。

PAGETOP
Copyright © 髙橋佑介建築デザイン All Rights Reserved.